フルコミッション営業 悪魔のささやき

こんにちは! YUSUKE(ユースケ)です。

僕たちフルコミッション営業は、

どのくらいの金額の契約を積み上げたかが、
評価のすべてです。

一応会社組織の中にいるので、
会社のルールは守らなければなりませんし、
コンプライアンスにも気を配って
活動しなければなりません。

しかしこれは最低限のルールです。

スタートラインに立ったと言うレベルでしかありません。

これにプラスの評価を得るには
契約した金額を積み上げていくしかありません。

それ以外に評価ポイントは何もないと言って良いでしょう。

devil-151264__340[1].png


だから
契約に至る(至らなかった)プロセスや、
大きな金額を積み上げるまでのプロセスについては、
評価される事はありません。


僕が所属している会社から、
あの商談はどうなった?
と、よく聞かれます。

契約の可能性が少し出てきた。
とか
意思決定する社長に面談できた。
とか
競合が厳しい提案をしてきた

など、報告します。

そーなの
とか
いいね

などと、返事されますが、

そんなプロセスに関心があるとは
とても、思えません。



関心があるのは

 契約できるのか?

 契約できるのはいつか?

 契約金額はいくらか?

だけです。


ですから僕たち、フルコミッションの営業マンたちも

自然と、

一刻も早く成果(契約)をあげたいと、
常に考えています。


これはフルコミッション営業ならでは
といえるのではないでしょうか?


しかし、
成果を上げるためには、

しっかりとした知識を
習得しなければなりませんし、

戦略的な活動を
長期間にわたって
行わなければならないこともあるでしょう。

またお客様に貢献できるような知識は、
一朝一夕に得られるものではありません。



この業界に入ったとき、
ほとんどの人が
全くのド素人ですから、
会社などの組織が、
しっかりとした教育をしてくれます。


しかし一人前として扱われた後には、

どのような知識を自分で得るか、

どのような活動をして
市場(マーケット)を大きくしていくか
という事はすべて営業本人に任せられます。


会社や上司などに
自分からアドバイスを求めれば、
帰ってきますが、
強要されるようなこともありません。

ですから自分で知識を求め、
戦略的活動をしていかなければいけませんが、



その時に
一刻も早く成果をあげたい!
という気持ちが常にあります。


ですから
知識を習得したり
戦略的行動を取ろうとしたときに


悪魔のささやきが
心の中から湧いてきます


それは

「なるべく楽をして」

知識を得たい

お客様と出会いたい

契約したい

というささやきです。


フルコミッション営業において
有益な知識と言うのは1日やそこいらの
セミナーを受講しただけで
身に付くものではありません

あるマーケットを開拓しようと思えば、
DMを一回出したり
TELアポ会社に依頼して

見込み客をごっそり集められるような事は
極めて難しいと言えるでしょう。


いずれにしても
半年や1年
じっくりと学んだり行動したりしなければ
成果は出にくいし、

それだけの時間がかかるからこそ
人がマネできない、僕たちだけの知識であったり
マーケットといえるのかもしれません。


しかしフルコミッション営業の
置かれた状況
つまりすぐに成果を出さなければならない
という宿命によって、

時間をかけて、
じっくりと学び行動するということが
ほとんどの営業マンができなくなってしまいます。


何か価値ある知識をえるとき
なるべく楽をして学ぼうとしたり、

行動により、成果を得ようするとき


なるべく楽をして
成果をだそう、

という 悪魔のささやき 
ぜひ心の中から追い出しましょう。


フルコミッションですから
即効性のある行動も
しなければいけません。

しかし
っくりと取り組むプロジェクト
もぜひやりましょう!

手間暇かかるプロジェクトだからこそ
それが後に大きな成果となっていくはずです。

例えば、

個人営業から法人営業へのシフトも
同じことが言えると思います。

マーケット開拓も、

知識の習得も、

フルコミッション営業を続ける限り

終わりがありません。


しかし、一人前になり、自己管理ができるようになるほど

悪魔がささやきます。

「○○やるぞ!! (できるだけ楽してね)」


僕も、自戒を込めて、言いたいと思います。

悪魔のささやきに負けず、

手間暇と時間をかけて、成功を積み重ねましょう!


この記事へのコメント